赤ちゃんの成長を祝う

このサイトを読んでくださっているあなたは、小さなお子さんがいらっしゃるのではないでしょうか?
あるいは、お腹のなかにいる赤ちゃんが誕生するのを心待ちにしている、新米のママやパパかもしれませんね。
日本には、人生の節目を祝う風習が、たくさんあります。
赤ちゃんが生まれたてからしばらくの間は、特にたくさんの通過儀礼がありますね。赤ちゃんというのは目に見えてすくすく成長しますから、うっかりするとバタバタ忙しくしている間に可愛い時期が過ぎてしまった!なんてことになりかねません。
お宮詣りやお食い初め、桃の節句に端午の節句など。
それらの通過儀礼を、きちんと行っていきましょう。そうすることによって、それまでの赤ちゃんの成長を振り返って、確かめることができます。

あなたのお子さんは、女の子でしょうか?男の子でしょうか?
もちろん子どもは女の子でも男の子でも平等にかわいいものです。でも、男の子と女の子で決定的に差がつくのは、節句のお祝いですね。
女の子なら桃の節句に、ひな人形を飾ってお祝いします。男の子なら端午の節句に、5月人形を飾ってお祝いします。
あなたのお子さんには、ひな人形や5月人形を買ってあげましたか?
お子さんがまだママのお腹の中にいるなら、ひな人形や5月人形を買うのは、もう少し先になりますね。
今から、ひな人形や5月人形を買うことを楽しみにしているママやパパやおじいちゃんおばあちゃんも、多いのではないでしょうか。

でも、これから赤ちゃんが生まれるというおうちには、忘れてほしくない通過儀礼があります。
それは「命名の儀式」です。赤ちゃんに命名をすることは、人生で一番最初の通過儀礼なのですよ。
もちろん、赤ちゃんが生まれたら命名をするのは当たり前です。でも、儀式としての「命名」は意外に見落とされがちなのではないでしょうか。
赤ちゃんが一生を共にする名前を授ける通過儀礼。とても思い出に残る儀式なので、ぜひ忘れずに行ってほしいと思います。

外部リンク

破魔弓を購入するなら名店のこちら人形の佳月がオススメですよ!是非検索!
一生ものになる命名については【京都島津】